夏になると暑さにやられて毎年のように

だるくなってしまう夏バテ…。

 

今年こそは夏バテしないようにと思っているなら

水分補給でよく飲む飲み物に

夏バテに効果的なものを入れてみてはいかがでしょうか。

 

ということで今回は

夏バテ対策に飲みたい飲み物と自宅で作れる防止ドリンクレシピを

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

夏バテ対策に効果のある飲み物は?

夏バテに効く飲みのもの有名どころでいうと

やはり蜂蜜レモンバーモントドリンクです。

 

なぜかというと

はちみつレモンに含まれているレモンや

バーモンドドリンクに含まれているお酢には

豊富にクエン酸が含まれていて

疲れると体内に溜まってくる乳酸を

分解して体外に出してくれます。

 

そして体内でエネルギーを作り出す働きをしている

クエン酸回路の働きを整えてくれます。

 

そのため、レモンやお酢には

エネルギー不足も解消し、

体の疲れを取ってくれる効果がある

って言われているんですよ。

 

 

でははちみつレモンとバーモンドドリンクの両方に

入れられるはハチミツはというと、

コレもすごい夏バテに効果がある食材なんですよ。

 

なぜかというと、

はちみつにはビタミンB2・B6をはじめとするビタミンやミネラル、

アミノ酸や酵素など質の良い栄養素が含まれていて

特にその中でもビタミンB群には疲労回復効果があるんです。

 

それだけでなく、ブドウ糖と果糖が主成分の単糖類で、

胃腸に負担を掛けることなく、短時間で腸から吸収され

すぐさまエネルギー源となってくれる食品なんです。

 

だからハチミツも疲れた体を元気にしてくれる効果があると

言われているんです。

 

 

夏バテ防止の定番といえば、ハチミツレモンやバーモンドドリンクですが、

ちょっと変わった夏バテ対策ドリンクとしては甘酒があります。

 

甘酒というと冬に飲むイメージが強いかもしれませんが、

実は江戸時代の昔は夏に飲む飲み物だったんですよ。

 

そんな甘酒にはビタミンB1・B2・B6や

食物繊維・オリゴ糖や必須アミノ酸などが豊富に含まれていて、

栄養満点なドリンクなんです。

 

それだけでなく、なんと!

甘酒に含まれている成分って

点滴とほぼ同様とも言われているほどで

「飲む点滴」って言われたりもしているんです。

 

体内への吸収もよく、

効率よくエネルギーも補給できるので

夏の疲労回復にも効果大なんですよ。

 

スポンサードリンク

夏バテ防止のドリンクレシピ

夏バテ対策ドリンクの有名どころ

蜂蜜レモンとバーモンドドリンク

そして変わり種として甘酒を紹介しましたが、

それぞれの作り方を合わせて紹介していきたいと思います。

 

蜂蜜レモンの作り方

ハチミツレモンは作っておけば

水・お湯・炭酸水などで割って

飲めるので夏場に作っておくと重宝します。

 

では作り方です。

 

 

材料:レモン2個 ハチミツ大さじ6

1)レモンを水洗いして水気を布巾で拭き取る。

2)レモンを2~3ミリくらいの厚さにカットする。

3)保存容器にレモンを敷き詰め
はちみつをレモンに万遍なくかけて
レモンとハチミツで層を作る

4)1時間くらい経つと水分が出てくるので
容器を振ってなじませる

あとは冷蔵庫で半日~1日置いて完成です。

 

バーモンドドリンクの作り方

作り方はとっても簡単。

なんたってりんご酢とハチミツを水・お湯・炭酸水で割るだけですから。

 

りんご酢とハチミツの割合はというと

りんご酢大さじ1に対してハチミツ大さじ1~2

ハチミツの量は甘さが変わるのでお好みの量を調整してくださいね。

 

とはいえ、お酢の酸味が苦手…

という場合は、お水や炭酸水の代わりに

りんごジューストマトジュースなどで割むと

酸味が減り飲みやすくなりますよ。

お酢が苦手ななら、試してみてくださいね。

 

甘酒の作り方は

甘酒はいろんな作り方があるけど、

今回は砂糖不使用の炊飯器で作る

甘酒の作り方を紹介しますね。

 

材料:もち米1合  水360cc
水300cc(湯さまし
米麹200g
塩少々

 

1)もち米を洗って2合分の水を炊飯器に入れ
30分吸水させ、炊きます。

 

2)釜を炊飯器から取り出し、
湯さましの水300ccを加え
混ぜながら、温度を55~60度にして冷まします。

温度が高すぎでも低すぎてもNGなので、
温度計を使うようにするのがベターです。

温度が55~60度にまで下がったら
米麹をほぐして加えよく混ぜます。

 

3)表面を平にして、炊飯器に戻し保温。
このとき炊飯器の蓋は閉めずに
布巾を被せ、55~60℃をキープしながら6~10時間置きます。

放置している時間にも何度か混ぜるのがポイント。

そして味見してみて十分甘くなっていると感じたら
お塩を加えます。

 

4)最後に炊飯スイッチを入れ
80~90度の沸騰寸前まで加熱し、発酵をストップさせ
スイッチを切ります。

これで完成です。

飲む時は、好みの濃さになるように

水で薄めて調整してくださいね。

参考:http://cookpad.com/recipe/2494076

まとめ

夏バテ対策に飲みたいドリンクとして

定番のハチミツレモン・バーモンドドリンク。

そして変わり種として甘酒を紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか。

 

甘酒は少し作るのに手間と時間がかかりますが、

はちみつれもんやりんご酢ドリンクは時間が掛かりませんので、

ほんとお手軽です。

 

よかったら今年の夏バテ予防・防止に

自宅で作ってみてくださいね。

スポンサードリンク