こんにちは。
おちびママたんです。

 

梅雨に入ると外の湿気がハンパなくて、窓を開けても涼しい気持ちいい風なんて入ってこない!!
夏の日差しが厳しくなると、風が通れば気持ちイイ日もあるけど、あまりにも日差しが暑すぎて家に吹き込む風も生ぬるい!!

 

となると頼りにするのはもうエアコン!などの冷房器具しかないですよね?!

 

でもエアコンには「冷房」「除湿」の2種類の機能が。

 

一体どう違って、どっちがお得なの?!
暑い日に毎日使うエアコンだからこそ気になりませんか?!

 

しかもエアコン電源切るとすぐに部屋の中が暑くなってしまう。
こうなると、毎日使う+一日中つけっぱなし のダブルパンチですからね。

 

そこで私、エアコンの冷房と除湿の違いとお得な設定について調べてみました(`・ω・´)

 

いったいエアコンの冷房と除湿ってなにが違うの~?
結局どっちの設定がお得でエコなの~?
と思いながらポチポチっとネット検索しているあなた
にこそ読んでいただきたい記事です。

では、まいりますッ。

スポンサードリンク

エアコンの冷房と除湿何が違うの?

エアコンの冷房と除湿。

 

除湿というと湿気をとることがピンとまず頭に浮かびますよね。
コレ大正解!!

 

除湿の目的は「湿度を下げること」
そのため、部屋のモワンっとした湿気はなくなりますが、場合によって温度は上がったり、下がったりします。

 

では冷房は?というと
「冷」という字が入っているように、冷房の目的は「部屋の温度を下げて部屋を冷やすこと」です。

 

ただ湿気と結びつきの強い空気中の水分量、実は空気の温度で決まるんですよ。

 

そのためエアコンの冷房機能で空気が冷やされると、空気中の水分がエアコン内で吸収・排出されるため、自然と湿気の少ない冷たい空気が部屋に排出され、結果として部屋の湿度も下がります。

 

冷房と除湿は目的が違うため、エアコンを使うときは、「室温を下げたいのか?」それとも「モワっとした空気を部屋から追い出したいのか?」で選ぶのが一番効果的です。

 

スポンサードリンク

エアコンの冷房と除湿 電気代がお得な設定はどっち?!

たださきほどお伝えしたあなたの目的から冷房・除湿を選ぶのと、電気代を節約する設定を選ぶのとはまた話が違ってきます。

とにかく梅雨~夏場にかけては電気代がかさむし、エアコン代を節約したい!!
と思うなら、まずは押さえておきたいのがエアコンの除湿の種類です。

 

除湿の種類?!
なにそれ?!

ってあなたは思ったかもしれません。

 

だけどね、エアコンの除湿には、弱冷房除湿再熱除湿の2種類のタイプがあるんです。
そして弱冷房タイプか再熱除湿タイプかによって電気代が変わってくるんですよ!

 

そのためエアコン代を少しでも安くしたいなら、まずはあなたの自宅のエアコンがどちらのタイプなのかを確認してみましょう。

 

とはいえ、どっちかわからない…(´-ω-`)

 

そんなときは、エアコンのリモコンを見てみてください!!

 

もしリモコンに「さらら除湿」「カラッと除湿」などのボタンがあれば、それは再熱除湿タイプのエアコンです。

 

ちなみに我が家のリモコンは「除湿」としか書いていなかったんです。

で、カタログも眺めたのですが、どこを見ても弱冷房タイプなのか再熱除湿なのかわからなくて…。
結局メーカーのお問い合わせに電話して確認しちゃいました。

 

電話で問い合わせして、エアコンの機種を伝えると「お客様のエアコンは弱冷房タイプです。ただ弱冷房タイプなのですが、エアコンから部屋の中に空気が吹き出すときに、部屋の空気を混ぜ込んで出すタイプなので、部屋が冷えすぎて困るなんてことにはならないと思いますよ。」と丁寧に教えてくださいましたよ。

 

そのためあなたのエアコンの除湿のタイプが弱冷房タイプか再熱タイプかわからないときは、一度メーカーさんのお問い合わせセンターに問い合わせてみるといいと思います。

 

で、結果エアコンの電気代は冷房と除湿どっちがお得なのよ!?ってところですが、お得な順番はこちらです。

①弱冷房除湿
②冷房
③再熱除湿

下へいくほど電気代が高くなります。

 

上の結果を見ていただけたらわかるとおり、除湿でも弱冷房タイプであれば冷房よりエコだけど、再熱除湿タイプだと冷房の方がお得になります。

 

除湿のタイプによって冷房がお得なのか?除湿の方が電気代を抑えられるのかが変わってくるので、エアコン代を節約…と思うなら、エアコンんの除湿タイプの確認は必須ですよ!!

 

ちなみに、一般的に除湿モードは室温を1~3℃程度下げる弱冷房なので、室温をそこまでガンガン下げなくても耐えれそう!!という場合で、自宅のエアコンが弱冷房除湿タイプであれば、除湿が一番節約できるエアコンの設定です。

 

ただどうしても室温を下げないと暑くて耐えられない!!という場合は、先に室温を冷房でガンと下げて、快適温度になったら弱冷房除湿に切り替えるようにしたらよいかな?と思います。

 


ちょこっとメモ

再熱除湿とは?
弱めの冷房で除湿するところは、弱冷房除湿と同じです。
ただ部屋の空気をエアコン内部で強く冷やして除湿するため、冷えすぎた空気を暖めて部屋の中で出してくれます。

そのため、部屋の冷えすぎを防ぐことができるのがこの機能のウリです。

だけど、その結果として冷やした空気を暖めるため、電気代が一番高くなってしまいます。

 

さいごに

蒸し暑い!風がなかなか通らない!となると毎日のように使うエアコン。
電気代を節約するなら、弱冷房除湿が一番ですが、快適に過ごせなきゃ意味なしですからね。

 

部屋が暑い場合は、冷房で部屋をしっかり冷やしてから除湿運転に切り替えるなど、「冷房」と「除湿」の目的の違いをうまく利用して、快適に過ごしていきましょう。

スポンサードリンク