大切なお友達の新盆、本当なら初盆に合わせてお家の伺いたいものですが仕事の都合などゆっくりと時間が取れない場合もありますよね。

 

特に友人の家が遠かったりすると、なおのこと難しくなってしまうでしょう。

 

そんな時はあなたの気持ちを伝える方法として、お供え物を送るものです。

 

そこで気になるのが、お供え物の内容といつごろ届くようにしたら失礼がないのか…という部分ではないでしょうか?

 

その初盆についてのマナーや気になる部分についてご紹介しますので参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

初盆のお供え 友人に送るならどんなもの?

お供え物で一般的なものは「お線香」「お花」「果物」「日持ちするお菓子」などです。

 

◇お線香
お線香は日頃から仏壇で使われるものなので定番ですが、実際のところ送られる側としてはあまり喜ばれるものではないようです。

 

お供え物の代表的なものであるため、「もらいすぎて困る…」という声も聞かれます。

 

無難ではありますが、大切な友人の初盆ということを考えればあまりオススメは出来ません。

 

 

◇お花
お花はその存在だけで見る人の心を華やかにしてくれる力があるので親族にも喜ばれるでしょう。

 

ただ、お花と言ってもどんな花を選べばよいのか悩んでしまいますね。

 

お葬式や一周忌などには菊の花と決まっていますが、初盆の場合は特に決まりごとはないので深く考えなくても大丈夫ですよ。

 

配送をお願いする花屋さんに、友人の初盆であること伝えれば、初盆に見合ったものを選んでくれます。

 

ただもしあなたが花束を送ろうと考えているなら、花束よりもアレンジメントの方が喜ばれます

 

なぜかって?!

 

花束だと花瓶に差し替える必要が出てしまいますが、アレンジメントであれば、花瓶に飾っているお花と取り替える必要がないからです。

 

子供の初盆となると、ご両親も仏壇にはすでにキレイな花を飾られていることもがきっと多いですよね。

 

そこを考えると、届いてすぐに飾ることのできるアレンジメントの方が喜ばれること間違いなしではないかと思います。

 

 

◇果物
果物もお供え物の定番の一つです。

 

果物は化粧箱に入ったものや、かごなどに詰め合わせになっているものがオススメです。

 

お花のアレンジメントのように、届いてそのままお供えすることが出来ますからね。

 

ただし、季節の果物など日持ちのしないものは避けた方がいいですよ~。
瓶詰めや缶詰めなどの日持ちするものを選ぶなど、ちょっとした気遣いが喜ばれます。

 

 

◇日持ちするお菓子
お菓子はお供えした後に親族で分けることもできるので、送られた側も喜ぶでしょう。

 

季節的に冷菓やゼリーなどがオススメです。

 

生菓子などは控えて日持ちのするものを選びましょう。

 

 

お供え物の相場はだいたい3,000円~5,000円くらいと考えておきましょう。

 

あまり高価なものを送ってしまうのは親族が恐縮してしまうこともあるのでこの点は頭に入れておいて下さいね。

 

 

それから、どのお供え物を選ぶにしても注意しなければならない点があります。

 

それは故人が大好きだったものを選ぶのは避けた方が良いということです。

 

あなたの友人のように若くして亡くなってしまった場合、親族の悲しみは想像を超えるものです。

 

故人が大好きだったものを目にすることで、親族は故人の生前の様子を必要以上に思い出してしまいショックを受けてしまう場合があるからです。

 

初盆ですのでご両親などは故人の死をまだ受け入れられるだけの時間が経過していないことも多いでしょう。

 

その状況で故人の大好きだったものを送ってしまうと、食べ物場合は「あの子はもう食べることが出来ないんだ…」、お花の場合は「あの子はこの花を手にすることがもうできないんだ…」とマイナスな感情が生まれてしまうからです。

 

あなた自身の気持ちも大切ですが、故人を偲ぶ親族を思う気持ちも大切にする、この点が初盆のお供えを選ぶときに一番重要な部分かな~と思います。

 

スポンサードリンク

初盆のお供え物を送る時期はいつ?

送る時期については、友人のお宅のお盆期間がいつなのかを理解しておくことが必要です。

 

お盆の期間は地域によって差があります。

 

7月13日~16日前後の場合と、8月13日~16日前後のところとがありますので間違えないように早めに確認しておきましょう。

 

送る時期としてふさわしいのはお盆の期間の1週間前から3日前くらいが適当です。

 

お花を送る際には、3日前~前日くらいが良いでしょう。
早く送りすぎてしまうと、お盆の期間中にメインの花が散ってしまう…なんてことになりかねませんからね。

 

お花を頼むときには、配送日と一緒にお盆の期間をお花屋さんに伝えておくと、その時に一番美しく咲く形でお花を選んでくれますよ。

 

お盆当日はお客さんの対応や、お坊さんにお経を読んでもらったりと親族はあわただしいものです。

 

そんな中で宅急便が届いても親族は困ってしまいます。

 

親族の状況もしっかりと考えて、初盆当日に配送指定することだけは避けてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

友人の初盆に送るお供え物を選ぶ時のポインとは…

  • 親族が使えるもの
  • 食べ物は日持ちがするもの/li>
  • お花は花束よりもアレンジメントで
  • 故人が大好きだったものは選ばない
  • お盆期間の1週間から5日前までに届くようにする


この5つです。

 

ここでご紹介した内容は、今回だけでなく、その後もあなたにとって役に立つ内容だと思います。

 

今回の内容を覚えておけば、怖いものなしです。

 

初盆のお供えものどうしようか・・・とあなたと同じように悩んでいるお友達がいらしたら、ぜひお友達にも教えてあげてくださいね。

スポンサードリンク