年賀状を作ろう!と思っていると喪中はがきが届いたなんてこともあると思います。

 

その場合、年賀状は控えたほうがいいのかな?
何か返事を出したほうがいいのかな?

と戸惑うこともあると思うんです。

 

そこで今回は喪中はがきを受け取った時のマナーや返事を書くときのポイントをお伝えしたいと思います。

 

喪中はがきを受け取り返事が必要か悩んでいる
返事をしようと思うけど、どのように返事を返したらいいかわからない

そんなあなたにこそ読んでいただきたい記事です。

喪中はがきの返事は必要?

喪中はがき(年賀欠礼状)は
「身内に不幸があったので、新年のご挨拶は遠慮させて頂きます」
というお知らせです。

 

喪中はがきが来ても年賀状を絶対に出してはいけない!という決まりもないのですが、特になにも返事をしなかったからといって失礼にはなりません
そのため一般的には、喪中はがきを頂いたら「年始をお祝いされる気分にもならないでしょうから…」と年賀状を出さないことが多いようです。

 

ちなみに私も喪中はがきを頂いた方はやはりなんとなくですが、新年の挨拶を失礼しています…。

 

とはいえ喪中はがきを頂いたのが親しい友人であなたが「お悔やみの言葉や励ましの言葉を返したい」と思われるようであれば、その気持ちを大事にして喪中見舞いや寒中見舞を出されるのもよいと思いますよ。

スポンサードリンク

喪中に対する返事を送る時のマナーは?

喪中はがきを頂き、返事を出そう!と思っても、どうやって返事を返したらいいか分からないですよね。
そこで一般的な喪中はがきの返事のマナーをお伝えしていきますね。
 

喪中はがきの返事はいつ出したらいいの?

喪中はがきを受け取ってから返事を出される場合、喪中見舞いとして返事をする方法と寒中見舞いとして返事をする方法があります。

 

一般的に喪中はがきの返事は、寒中見舞いとして年明け後の松の内(1月7日)過ぎから節分までの時期に出されることが多いです。
ただそうはいっても受け取った喪中はがきにあなたに対して直接メッセージやコメントが書かれていた場合は、年明けまで待たず早く返事を返したいな~!と思いますよね。
そんな時は、年明けまで待たずに喪中見舞いとしてお返事をされてもよいと思いますよ。

 

喪中見舞いを出される場合は、派手でない便箋を使いお手紙を書かれてもよいですし、はがきを使われるなら官製はがきにシンプルなイラストを入れられて作られたり、郵便局で販売されている喪中見舞いはがきを使われてもOKです。

 

喪中の返事を返す時の文例

喪中の返事を返したいけど、「何から書き始めたらいいの?」
「どんなことを入れて書いたらいいんだろう?」

と喪中はがきを下さった相手のことを考えると戸惑いますよね。

 

そこでまず喪中の返事を書く際に入れておきたい内容が

      1)喪中はがき(挨拶状)を頂いたお礼
      2)年賀状の送付を遠慮させていただくこと
      3)お悔やみの言葉や相手を気遣う言葉
の3つです。

 

では、具体的な文例も紹介しておきますね。

喪中見舞いとして返事を出す場合

年賀欠礼のお知らせを頂き、○○様のご他界を知りました。
存じ上げず、お悔やみも申し上げられなかったこと申し訳なく存じます。

遅くなりましたが、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

年始の挨拶は、服喪中でいらっしゃいますので、控えさせていただきますが、
お身体を大切に、新しい年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。

○○年○月○日

寒中見舞いとして返事を出す場合

寒中見舞い申し上げます。

ご服喪中のこととて、年始の挨拶を失礼させて頂きました。
平素ご無沙汰をしており、○○様のご不幸も存じず、とても驚いております。
お遅ればせながら、ご冥福をお祈り申し上げます。

寒さが一段と厳しくなりますので、お身体を大切にお過ごし下さい。

○○年○月○日

 

例文はかしこまった文章になってしまいがちです。
そこで親しい友人などの場合は、典型文のあとにあなたからの近況やメッセージなどを書き添え送られたらよいのでは?と思います。

⇒喪中時に出す寒中見舞のはがきと切手はどのようなものを使ったらいい?
⇒寒中見舞いってどんなときに使われるの?

まとめ

喪中はがきを頂いたときのお返事は特別しなくてOKです。

しかしあなたが

返事を出したい…
年始の挨拶をしたい…

と思われるようでしたら年内であれば喪中見舞い、年始過ぎてであれば、寒中見舞いを出されてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク